Top > ひぐらしのなく頃に
HTML convert time to 0.013 sec.


ひぐらしのなく頃に

Last-modified: 2006-11-05 (日) 12:28:18

ひぐらしのなく頃に


【サイト名】ホビボックス
【課金体系】従量315円×6
【容量】平均300前後
【通信機能】なし


【レビュアー評価一覧】

4.0点3.5点3.2点3.0点
1112

【簡易評価】あなたの評価点をクリック!
5点 115 / 4点 62 / 3点 62 / 2点 55 / 1点 78 


2006/07/09(日)
【使用機種】W31CA
【評価・点数】3.2/5.0

PCゲーム、ひぐらしのなく頃に の移植作。シナリオ自体の移植度はかなりのもので、大半のシナリオは移植されている。
しかし細かい演出にはこだわっているが、その分立ち絵や背景等を削っているうえ、BGMが無いのがやはり痛い。
ただでさえ安い同人作品のこと、PCユーザーなら本家を買ったほうが絶対に良い。
といっても、このゲームを落とす人の殆どはひぐらしをプレイ済みだろうが。


2006/07/06
【使用機種】W32H
【プレイ時間】忘れた
【評価・点数】70点

内容はすごく面白かった!
ひぐらしは、ずっとやってみたかったゲームなので落としてみたけど、さすが、人気があるのも頷けると思った。
夢中で全部ダウンしまくったが、料金体系は悪すぎると思う…。
マイナス点は、料金体系≠アプリがいくつにも別れすぎということかな。
リニュ後のサイトに期待!


2006/07/04(火)
【使用機種】W21CA
【評価・点数】★★★☆☆

PCゲームの移植版。今はPC版を購入して他のシナリオもやっているがこの鬼隠し編が一番面白かった。
ストーリーは寒村雛見沢村に引っ越してきた主人公が転校先の仲間達に囲まれながら充実した日々を過ごしていくが、ある日を境に徐々に日常が狂っていく。
自分の生命の危機を感じながら、村の祟りや村全体、仲間にすらも疑念を持ち始める主人公が孤独に惨劇へと立ち向かっていく。みたいな感じ。
全体的にクオリティーが高く、かなり面白い(というか怖い)のだが、課金体型が悪過ぎる。


2006/04/07(金)
【使用機種】W33SA
【プレイ時間】シリーズ累計なら50時間ぐらい
【評価・点数】★★★☆☆

俺のプレイした(読んだ)ひぐらしは PC版鬼隠し編〜皆殺し編、マンガ版鬼隠し編綿流し編鬼曝し、ドラマCD版鬼隠し編
あと番外編でひぐらしデイブレイク体験版

■良かった所
携帯でひぐらしが遊べる。操作や画面が携帯仕様にアレンジされていて、すっきりまとまっている。
(キャラクターごとに台詞の色が違うとか、台詞の前にキャラクター名が表示されるなど)普通に読んでも一章だけで1時間は楽しめる。大体この鬼隠し編でクリアするのに5〜7時間位かかる。
(第一章はダ×現場で、ゴ×××雑×を見つける所まで)
携帯でこれくらいハイクオリティーなアドベンチャーが楽しめるのはこれぐらいだろう。

■悪かった所
まず単価が高い。一章だけで315円、鬼隠し編をクリアするだけで1890円かかる
(ちなみにPC版は出題編(鬼隠し編〜暇潰し編)すべて入って1575円)
文章は削れていないのだが、キャラグラフィック、背景が一部削除されている
BGMがないのが、個人的に一番痛い。物語の象徴であるひぐらしの泣き声も入っていない
怖い場面でも、BGMが入っていないので、怖さ半減
シナリオスキップができない。ミニゲームも恐らく入っていない

■総評
もしPCを持ってない(もしくは低スペックすぎてひぐらしが動かない)人は是非プレイしてみるべきである。
但し、PC版を持っている人には購入する価値がないと思われる
あとこの携帯版でひぐらしに興味を持ったなら、是非PC版のほうもやってみることをお勧めする
但し、同人ゲームなので、近くのゲームショップには恐らく売ってない。売っている店が遠い人は通販で
できれば1章の長さをもう少し長く、単価を210にしてくれればよかった
BGMも追加してほしい。アレだけで物語が300%楽しく、そして怖くなる


2005/09/11(日)
【使用機種】 W31SA
【評価・点数】 ★★★★☆

正直ちょっと驚いた。社員乙覚悟で書くが、今までやったBREWアプリのアドベンチャーの中では、
最も完成度が高い気がする。
振動ON/OFFあり、バックログあり、セーブ複数可能、サクッとやる携帯ではもたつくフェードのスキップ機能もある。

PCオリジナルのように画面上にテキストは出ず、メッセージウインドウで表示することを除いては、ほぼ原作に忠実。
(TIPSの表示が少し違うが…)

内容は、オリジナル同様、選択肢のない一本道の推理アドベンチャー。
提示された謎を傍観し、自分なりの推理を組み立てるサウンドノベル。
第1話では「鬼隠し編」の頭の方しか入っていないので、推理も何もないが。
確認した限りシナリオは、TIPS含め削られることなく入ってる。
このペースだと恐らくは、最低でも5話以上にはなると思われ。
原作にかなり忠実な演出な分、間がうっとうしい時もある。
容量的問題だろうが、背景やキャラが結構削られているが、あまり違和感はない。
強いてマイナス点を挙げれば、曲がほとんどないことか。これも容量の犠牲になったと思われ。
普通に読んで大体1時間強くらいの量。

本当は★5つでもいいと思ったが、冷静に考えて4つ。
原作の雰囲気が好きなら+★0.5、アドベンチャーが嫌いなら−★1.5って感じ。
絵にクセがあるので、美少女系に期待してる香具師は、原作サイトを確認してからの方が無難。


サイト別/は行/ホビボックス